生活面から

ジャンプ!

世の中には男女を問わず薄毛で悩んでいる人がたくさんいます。
若い頃には、髪の毛のことをほとんど気にすることが無かったのにもかかわらず、歳とともに髪の毛が細くなって、やがて薄毛になっていくケースが多いのです。
そして、中には脱毛症が原因で薄毛に悩んでいる人もいるのです。
例えば、男性型脱毛症になった人がそうです。
男性型脱毛症とは、AGAとも呼ばれ、最近では認知度も上がってきました。
男性型脱毛症は、男性に限定して起こる脱毛症のことで、生命に危険が及ぶような病気ではありません。
ですが、男性型脱毛症を発症してしまった男性にとっては、とても深刻な悩みなのです。
そして、その他にも薄毛の原因がいくつか考えられますから、改善するためにもまずは原因を調べてみましょう。

原因を知れば薄毛も改善することができます。
例えば、男性型脱毛症の場合は、男性ホルモンであるテストステロンが変化してできたジヒドロテストステロンが脱毛の原因になっているのです。
ですから、この原因物質であるジヒドロテストステロンを増やさないようにすれば良いことになります。
そして実際には、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素を阻害する医薬品を使って脱毛を食い止めるのです。
また、ストレスや寝不足などが原因となって髪の毛が薄くなることもありますし、閉経間際の女性ではホルモンバランスが崩れて起こることもあるのです。
このような場合には、ストレスを取り除いたり、ホルモン注射を行うことでも改善できる可能性があります。
そして、薄毛の治療は美容外科クリニックでもできるのです。